ピピピピピの爽やかな日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピピピピピの爽やかな日記帳

親の経営コンサル会社で働く20代後半、社内ニートの話

ピピピピピの爽やかな日記帳

貧困JKを叩いてる人たちは、子どもの青春を応援する気持ちが欠落した人でなし

まず第一にロリコンだよね、批判コメントが見るからにロリコンのそれなんだよ

 番組を叩くのは一向に構わないが、JKを叩くのは筋違いである。
 高校生だよ?
 高校生なんてのは、まだあらゆる面で未発達であって、自分のことだけで精一杯な生き物だ。
 少々ばかし嫌なことがあるだけで、他人なんて抜きにして自分だけが辛い状況にあると誤認してしまうほど。

心の成長期にあるのだから、考え方が幼いのは当たり前

 それを大人が広い心で受け止め、穏やかな視線を投げかけることによって、JKの心は富み栄えてゆく。
 批判や誹謗中傷ほど無用なものはない。
 JKみたいに未熟な存在を社会で後押しする空気を作らないと、この先日本は沈没し、我々大人までもが窒息死する。

ここ数年で日本は、一億総水蒸気爆発社会になっている

 本来は純粋で良い子であっても、頭に血が上って高温になった取るに足らないオヤジどもが接触することにより、大爆発の共倒れが起きてしまう。
 今の日本社会って、みんなで「自殺の行進」をしているような気がしてならない。

年端もいかないJKに求めることが過大で過剰過ぎる

 JKの大半は、大人と同等程度の常識やモラルなんて持っていない。
 思考せずにただ小猿のようにキーキー生きてる子もごっそりいるだろう。
 それもそのはずで、まだ学校という狭い監獄の中で生きているため、出来た人間になるのは難解だからである。
 いやいや十分大人だよ、と分かったような口を利く大人も沢山いるのだが、そういう人って一般的な枠から外れたゴロツキだと思うんだよね。
 高校生はどう見ても子どもだ。
 大人じゃないからこそ、法律でも保護されている。
 ゆえにJK風俗に現役JKはおらず、偽のJKと遊ぶしかない。
 このところの日本社会の許容力の低さは、まるで蟻地獄の中に吸い込まれながらもナタを振り回して殺し合いをしているみたいだ。
 どうせ自分も底辺だから、あいつの足を切り落として、せめて自分より下に叩き落としてやろうとするような。
 そういう落下社会になってしまっている。
 まだ未成熟な子が「わたし貧困!」って思いつきの適当発言してたって良いじゃないか。
 それが純真無垢な子どもの生き方なんだから。

成長を見守れないせっかちな大人たち

 バカなガキは社会に出て、様々な苦境に立たされ痛い目を見ることで、少しずつ大人に変わっていく。
 その大切な過程にいるJKを、「はいこいつ嘘つきで~す、だから私刑しましょぉー」って空気おかしくない?

JKは批判されるべき対象にすらなっていない、か弱き子ども

 これから、思考を深化させる社会進出という旅が始まるというのに、目の前に立ちはだかるしがないおっさんの愚連隊。
 攻撃的ロリコンだよそれ。
 みんなが叩いているから、わたしも叩く。
 それじゃあ、浦島太郎に出てきた亀をイジメている半グレロリコンと変わらない。
 思考停止しているから、そうやって大勢と並んで歩くことしか出来ないんだよ。
 自分が倒すべきターゲットは自分で決めなよ。
 なぜみんなにつられて右フック繰り出すんだ?
 まずは戦うべき相手かどうかを、他人抜きにして、己の胸に手を当てて考えろよ。
 13日の金曜日のジェイソンや、エルム街の悪夢のフレディみたいなもんだって、たった一人で自分の信念に基づく戦いを繰り広げている。
 お前らおっさんは、そうしたモンスター以下だよ。

大人が、子どもたちの成長の阻害要因になっている

 そろそろ自分たちが打ち出してる背信行為の数々に気づくべきだ。
 部屋に豪華なおもちゃが揃ってたからなんなの?
 高校生の小遣い平均は月々5000円前後で、携帯代は8000円前後だ。
 その他にお年玉、クリスマス、爺ちゃんからの臨時小遣いなど、様々ある。
 そういうのを少しずつ貯めて、欲しいものを買うのは思春期を生きるJKのささやかな楽しみ方の一つだよね。
 なのに、JKの部屋に様々な遊び道具があったり、常習的に外食していたりするのが発覚して、散々叩かれている。
 アニメ「ONE PIECE」のDVDが揃ってたら、貧困とは呼べないのか?
 むしろ例のJKは、アニメの世界で働きたい子なんだから、業界へ貢献していて素晴らしいぐらいだ。
 部屋にあるものだって、多くの高校生は小遣いを貯めれば同じように買い集められる。
 高価なペンがあると笑われていたが、それでも1万5000円ほど。
 しかもお姉ちゃんからのプレゼント品だ。
 本来であれば気前良く、「微笑ましいねぇ。良かったね」と優しい言葉を投げかけてあげるべきなのに、一部のネットヤクザは真逆の言葉で刺しに行く。
 専門学校に入れない=貧困。
 こうした状況を貧困と思うかどうかは人それぞれの感性次第によるのであって、「あのアマは貧困でもねぇのに嘘つくんじゃねぇよ」ってのは筋違いのツッコミだ。
 JKに青春を謳歌させないため、頑張って阻止しているように見えてしまうオヤジとババアってキモくない?

高校生なんてのは、自分の周囲が世界の全てと思って生きている

 くだんのJKの周囲に、バイトなんてしないで大学や専門学校に進学する人が沢山いたら、「わたしだけ不幸だ!」と鬱憤をぶちまけたくなるのも分かる。
 自分だけ貧乏で不幸せというのは、ただの若気の至りであって、悪の主張じゃないよね。
 こてんぱんに叩いてるのは穢らわしいノイジーマイノリティの人々なんだろうけれど、それにしても善悪の区別が全くついてない人がネットにごろごろ転がっている。
 思春期ってのはさ、人生の中で、最も楽しめる可能性があって最も苦しむ可能性のある、究極の不安が襲う時期だよ。
 だから、向こう見ずに生きるだけで精一杯な学生が沢山いる。
 将来を考えず散在してしまうこともあるのが青春であり、やらかしちゃう、失敗の連続こそ青春を生きてる証なのだ。
 趣味を全力で楽しんでるこのJKは、なんの落ち度もない。

青春を堪能出来なかったオヤジたちの怒りが、変な方向に向かっている

 そういった状況を「嫉妬」っていうんだよ。
 最も恥ずべきことだよ。人間の最大の罪は嫉妬かもしれない。
 人の青春ぐらい、手放しで応援してやれよ。
 人と比べたり、人を貶めたり、人を晒しても、なにも生まれない。
 結局、人は誰かになることなんて出来ない。
 だから自分の人生を豊かにするために、自分の出来ることを極大化して、そこで得た力によって社会に少しでも貢献し、みんなに喜んで貰うという善の輪の中で走るのが重要になってくる。
 そうした心がけが肝心要なんだよ。
 僕は誰よりも他人を応援することの出来る、チアリーダーになりたい。
 たとえ自分の利益にならなくとも、素敵な音色を届ける吹奏楽部になりたい。
 みんなもそうした、人を愛する気持ちを大切にするべきだ。
 人生は自分との戦いであり、JKを相手にする時間が無駄であるし、僕ら大人はかわいいギャルを見つけて夜遊びするために頑張るべきなんだよ。

ネットでひたすら誰かを殴るロリコンになってはならない

 JKみたいな、手を出すと逮捕される危険生物を観察してなんになる。
 まだアリの生態観察の方が良いよ。
 他人の不祥事よりも、自己を振り返ろう。
 JKはJK、僕たちは僕たち。
 お母さんに「よそはよそでしょ!」って教わらなかったの?
 僕らとあいつらは、全く違う生き物だ。

嫉妬は泥棒の始まり

 JKを批判することで、自分の嫉妬心を世間に見せつけてしまっているという自覚を持つべきだ。
 僕はこうやって君たちロリコンの痛い部分を突くことによって、間接的にくだんのJKに安心感を与えるというゴエモン方式で、この文章を書いている。
 この混沌とした世界では、犯罪に手を染めず生きているだけで、十分なんだよ。
 だから世界中の人間が敵になっても、僕はJKを応援するよ。

 ねぇロリコンやめな~

 

 

 

最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

 

 

 

絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫)

絶対貧困―世界リアル貧困学講義 (新潮文庫)