ピピピピピの爽やかな日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピピピピピの爽やかな日記帳

親の経営コンサル会社で働く20代後半、社内ニートの話

ピピピピピの爽やかな日記帳

平均以下の人間を罵倒してるのって平均以下の人間がほとんどだよね

強者の心にはあまり、同族嫌悪や蔑みの感情が生じない

 自己責任論や優生思想は少なかれ持つんだけれど、遠くの誰かに消えてなくなれという悪感情を持つことは少ない。強者ってのは企業や自分を存続させてより発展させて行こうとする意識が強いから、傍目から見ると同族嫌悪や蔑みの感情を強く持っているように見えることもあるのだが、実際に持ってるのは貢献意識なんだよね。それは善の心から来るものというよりも、やはり社会をより良くしようとする発想で生きていると、人間のメカニズムの問題的に他のどんなことよりも気持ち良くなれることを知っているからこそのエゴイズム的な想いから生産されるもの。たまたまそうした快楽追求が社会貢献とイコールになっているだけ。こうした善行と快楽の車輪を回すループに入りやすいのは、どうしたって強者なのだ。強者はそれゆえに心地良く生きている。であるから強者がきつい一言を身近な誰かに口にするのは、是非ともお前らもこの幸福感を享受してみたらどうかね? と思っているからだ。なーなーの馴れ合いじゃ、競争がベースにある資本主義社会では共倒れになるのみ。だったら、使えない人間、運悪く能力が低く生まれてきた人間は切り捨てて、自分が育てられる人だけに優しくしようっていうことになる。みんなに優しくしようとすると、負担が掛かってみんなに迷惑が掛かり、みんなが不幸になる行為だから。だから僕は、政治に関わっている人間を除く強者が、多少なりとも自己責任論や優生思想を持つのは仕方ないと思うね。それを煽るのはいけないが、そうした感覚を持つのはある程度許されるべきだろう。

f:id:buzama-www_pipipipipi:20161005000546p:plain

 僕の周囲の経営者とか役員連中って、やっぱり事業計画だとか、会社を存続させるためのなにかしらに急がしくて、見ず知らずの世界にいる平均以下の人をディスっている暇がない人ばかりだ。
 どうでもいい馬の骨のことを考えるほど空白ばかりの空虚な人生を送っていないから、罵倒するなんていう低級な発想にすら至らないんだよね。
 憎悪感情ってのは暇な度合いに比例して膨れあがるものなんじゃない?
 大概、馬鹿みたいにネットでケンカしてる人って、持たざる者ばかりな訳だ。
 バカリズムの『リア充』っていうピンネタ見た?
 その中で、「リア充ってのは非リア充が作った妬みの表現だろ?」ってセリフがあるんだ。
 確かにその通りで、金や女や権力のある人間は蔑み方すら忘れてる人がほとんどなんだよね。
 年収一千万ぐらいあれば、疲れたら延長前提でキャバクラ行ったり出来るから。
 でも持たざる者は、お金も使わず女の子に慰めて貰うことも出来ず、ただ一人悶々としなきゃいけない。
 そりゃ、そんな生き地獄じゃ誰だって憎悪だらけの人生になるよね。
 人間なんてごく一部の例外を除けば、基本的に大した変わらない生物だと思う。
 環境と運の重なりによって違いが生まれているだけに過ぎない。
 憎悪感情なんてのも、それを持った人間は醜いとかじゃなくて、一定の負荷が心に掛かると誰であれ発生するものなんじゃないか。
 だから全員、何してたって仕方ないよ。
 大学中退しようと、その人をおもちゃにしようと、ツイッターで喧嘩しようと、ブログで利口ぶった批判記事書こうと、メンヘラ全開で同情引こうと。
 どんなことであれ、たまたまそういうことをせざるを得ないという反応が起きただけ。
 僕はろくでもない人間だったせいですぐに会社を辞めてしまって、全部で200社以上で働いてきたから、色んな持たざる者を見てきたよ。
 でもやっぱ、そういう人は寂しさを紛らわすためにおかしくなっている人が多かった。
 僕もどんどん頭が狂っていった。
 酒を浴びるほど飲んで、フリーペーパーを貰うような感じで借金して、夜逃げした。
 手が震えたり、名前を呼ばれただけで喧嘩を売られたと思って、椅子を投げつけて威嚇し、相手が萎縮している隙をついて肘打ちをして、人形のように倒れる様を笑って見届けたこともあった。不意を突かれてくずおれる人間の弱々しさを見ていると、自分の中にたまる黒い部分が一気に霧散して温かい気持ちになった。人を殴るってこんなに素敵で愉快で中毒性のある、やらずにはいられないハッピーな遊びなんだと感じ入った。

 まぁ嘘なんだけど、やっぱり人生は運が全てじゃない?

 僕はどっちかといえば運の良い星の下に生まれた人間だから思うんだけど、どんなに努力したって、どんなに徳を積んだって、最終的には運で全てが確定する気がするんだ。

 この前、頑張って努力して大きな巣を作った蜘蛛が、子供にエアガンで撃ち殺されていた。

 人生ってそういうものなんだよ。

 無常を噛みしめておやすみ。