ピピピピピの爽やかな日記帳

ピピピピピの爽やかな日記帳

親の経営コンサル会社で働く20代後半、社内ニートの話

ピピピピピの爽やかな日記帳

【ヒカキン超え!】ヒカルのツイッターが日本ランキング2位に!圧倒的フォロワー数!【金髪の本気!】

YouTuber界の英雄・ヒカルのツイッターが週間ランキング2位に!

 お~いお茶で有名な上場企業の伊藤園、天才芸人の松本人志らを押さえ、なんとプロの金髪YouTuber・ヒカルが堂々の2位を飾った。
 それもなんと、YouTuber界のドンであるヒカキンに圧倒的な差を付けての勝利である。

 参考までに、現時点(4/17)におけるYouTuberや芸能人のフォロワー数を掲載しておく。

・ヒカル      43万6129人!
・セイキン     68万3575人!
・ヒカキン    196万2990人!
・松本人志    463万3897人!
・宇多田ヒカル  235万7541人!

 このように金髪系のヒカルは、『フォロワー数』のみで見ると惨敗している。

 だがしかし、彼がYouTuberとしての活動に腰を入れ出したのは約1年前からだ。
 極端な言い方をすると、1年とちょっとで43万人ものフォロワー数を獲得したことになる。

 芸能人ならともかく、テレビを主戦場にしていないYouTuberが、これほどの成り上がりを見せているのは異常事態だ。
 ヒカルは常識をひっくり返してくれたのである。

 最近であれば、爆笑問題が出演するサンデージャポンや、朝の情報番組・おはよう朝日ですに取り上げられ、その勢いは留まるところを知らない。

 そんな昇り龍ことヒカルの、魅力溢れるツイッター文章に触れて行きたい。

YouTuberヒカルの名言、格言、金言、箴言

 ヒカルは、『2500人』という数字を露骨に書き記し、影響力の高さをアピールする。
 これだけで目が離せない権力者というイメージが強化され、ファンは彼を追い掛けずにはいられなくなってしまうのだ。
 その上、「マナー良く待っててくれた視聴者さんのおかげ」と、さん付け+感謝によって、ファン離れまで防ごうとしている。

 さすがヒカル。

 上に立つ者としての才能が光っていて眩しいほどだ。

 投稿した動画についたコメントをスクショし、それについての感想を述べることによって、「自分を観てくれた!」「大事にしてくれている!」とファンは考えるものだ。

 このように対話を重視するヒカルは、ファンのツイートを定期的にリツイートし、「覚えとるで、ありがとう」など、優しさ成分100%のコメントを付けている。

 一度捕獲した獲物は逃がさない精神が凄まじい。

 これまた10代ファンの心を捉えるタイプの、自己啓発ツイートである。

 影響力の強いYouTuberヒカルが、このように断言すると、ファンはあっという間に、「ヒカルさんを信じれば救われる!」と考え、信者と化す。

 若者に向けた断言口調の言葉は、とてつもない威力があるものなのだ。

 己が圧倒的地位にいることを猛烈に伝え、UUUM(ウーム)という巨大事務所との戦いであることをファンに告げている。
 こうやってヒカルとファンとの間に共同敵を設定することによって、一体感が増す。

 しかもUUUM(ウーム)は、はじめしゃちょーや木下ゆうかが起こした不祥事によって、弱っている状態だ。

 チャンスにつけ込むヒカルの鬼じみた姿勢は、勝利に貪欲なビジネスマンらしくて美しいくらいである。

 ヒカルはしつこいほどに、「日本一」というワードを連発する。

 それでも、ここまで急速に花火を打ち上げて来た実績があるからこそ、ファンはそれを信じて疑わない。
 人々は、リアルタイムの下克上をこの目で見届けたくて仕方ないものだ。

 女ファンホイホイの自撮りツイートまで披露する。
 あざといポーズ、表情を作ることによって、「可愛い」という褒め言葉を引き寄せる。
 すると可愛いが可愛いを引き寄せ、無限の可愛いが展開することになる。

 女ファンの言葉が女ファンを作り出してくれるという、全自動集客マジック

「寝てないアピール」を上手く利用するヒカル。

 適度に心配を掛けさせるというのは、ファンをつなぎ止める上で重要な施策だ。

「ちゃんとご飯食べてくださいね」「たまにはゆっくり休んでください」
 こうした言葉を口にする度にファンは、ヒカルを大事にしなくちゃという自己暗示が掛かり、マザーテレサのように慈悲深くなってゆく。

 ヒカルはファンを育成する天才なのだ。

f:id:buzama-www_pipipipipi:20161213185954p:plain

関連記事・ビジネス書を読むより、ヒカルを観よう!

www.pipipipipi5volts.com

www.pipipipipi5volts.com

www.pipipipipi5volts.com