ピピピピピの爽やかな日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピピピピピの爽やかな日記帳

親の経営コンサル会社で働く20代後半、社内ニートの話

ピピピピピの爽やかな日記帳

【芸能界進出!?】YouTuberヒカルが島田紳助と交際希望!会いたい気持ちを告白!【復帰熱望!】

ヒカルが、べしゃりの神様である島田紳助と交際希望!

 日本の金髪男性の中で、トーク力ナンバー1であるYouTuberヒカルが、島田紳助への愛を告白した。

俺は日本の20代で1番の島田紳助信者やと思う』と、タイムラインを焼き払うような情熱でツイート。

 こうした狂信者アピールをする者は、金髪業界だけでなく、お笑い芸人やミュージシャン、それから役者などが集う芸能界に多い。
 そのため、「戯れ言を口にすんなよヒカル」「金髪マンが紳助ファンとかなんの間違いだ? お前の憧れは美輪さんだろ? ヨイトマケヨイトマケ叫んで動画投稿しとけよ」という怒りの声が、全国各地から飛び上がっている。

 しかしながら僕は、金髪界の紳助ことヒカルの気持ちが痛く分かる。

アナログ時代は、島田紳助だけが唯一の希望と考える者が多かった

 ヒカルがこの地に誕生した頃(1991年)は、YouTubeもニコニコ動画も2chも存在しなかった
 情報源は、バチバチバチバチっと画面が乱れまくるブラウン管テレビ、ラジオ、新聞だけの時代であった。

 そんな日々の中に『島田紳助』がいた。

 ちょうどヒカルが物心ついたときには、マシンガントーク・出演者いじりの天才司会者として、島田紳助は芸能界になくてはならない存在となっていた。

いつも心に紳助を

いつも心に紳助を

 

 日本人の視界には、いつも紳助が入っていた。
 僕たちは紳助に助けられ、紳助に育てられ、紳助に生かされた。

 とどのつまり島田紳助は、日本のお父さんなのである。

 それゆえ、子の一人であるヒカルが、『いつか会いたい』と口にするのはなんらおかしいことではない。

ヒカルは島田紳助と、思考スタイルが似通っている!?

 吉本クリエイティブ・エージェンシーが運営する大阪NSCで行われた、島田紳助による伝説の授業を知っているだろうか。

 そこで島田紳助の口から発されたアフォリズムの数々と、ヒカルの教訓めいたツイート群が、言葉違えど方向性が同じであることが判明した。

 これはきっとヒカルが、笑いの鬼神・島田紳助に注目し、尊敬し、意識し、今日まで生きて来たからこその結果だろう。

天才・ヒカルの言葉

天才・島田紳助の言葉

漫才は100努力しても10しか報われへん
みんなはこの世界に友達作りに来たんちゃうねんで
勝つために来てんで

 

儲かるで
この世界は儲かるで
めちゃめちゃ儲かるで売れたら
だから夢があるねんて
めっちゃ儲かるし
めっちゃ大きい家住めるし
めっちゃええ女抱けるで
この3つやで商品は

 YouTube業界にしても芸能界にしても、『人気業』という捉え方をするならば、五分五分の世界であろう。
 そこでトップ争いをしている島田紳助とヒカルの言葉が、自然と類似してゆくのは当然の帰結といえる。

 王者の思考は酷似するものなのだ。

 努力が無駄になるかもしれないけれど、勝利に執着する病的な鬼となり、暴れ続けた者だけが栄冠に輝く、残酷競争のゲーム。
 勝者には、金も女も腐るほど手渡され、快楽至極の人生が約束される。
 敗者の屍を見下ろしながら、己を誇ることほど幸せな時間はない。

 そうした特典があることを伝えるために、島田紳助もヒカルも、あえて露骨な物言いで、成功者が手に出来るモノについて、ズバズバと歯切れ良く語ってくれたのだ。

 ぶったまげるほど言葉に霊力が宿っている。
 これぞ魂の喋り! 弾ける言霊の生誕祭!

 この二人の覇者を交互に見ていると、どちらが島田紳助でどちらがヒカルか判別不能になるほどであり、「あーこっち金髪だ。多分ヒカルだ……」という流れでぎりぎり判断するしかなくなってくる。

 天才二人の対談が実現することを、心より願っている。

 

紳竜の研究 [DVD]

紳竜の研究 [DVD]

 

(島田紳助による、NSCでの心魂叩き込んだ熱情トークの様子は、こちらのDVDに含まれている。もちろんこの僕も持っている。島田紳助の書籍は全て購入し、本棚に飾っている。なぜなら島田紳助の狂信者だからだ)

f:id:buzama-www_pipipipipi:20160927171325p:plain

関連記事・50年後、ヒカルは大御所芸能人になっているだろう!

www.pipipipipi5volts.com

www.pipipipipi5volts.com

www.pipipipipi5volts.com