ピピピピピの爽やかな日記帳

ピピピピピの爽やかな日記帳

親の経営コンサル会社で働く20代後半、社内ニートの話

ピピピピピの爽やかな日記帳

【堀川りょう】声優学校(IAM)が、日本初のYouTuber養成所を新設!【人生を現金化!?】

今年、日本初のYouTuber養成所が始動した

 名探偵コナンの服部平次役で有名な、堀川りょう学院長が運営する声優養成所・インターナショナルメディア学院にて、未来のYouTuberを育成する2つのコースが新設された。

 なんと既に3月から、福岡校、岡山校、札幌校、仙台校にて、授業がスタートしている。

www.youtube.com

①YouTuber声優タレントコース ②YouTuberコース

 前者は、声優・アイドルを目指しつつもYouTubeで自己アピールをし、早期に「青田買い」してくれるファンを獲得し、本気で芸能人を目指す
 後者は、ITの基礎知識、YouTubeを使いこなす技能を身につけることが目的である

両コースとも、成績優秀者は、IAMエージェンシー所属YouTuberとして所属登録され、他の声優、俳優、歌手と同等のマネージメントが約束されています。 すなわち、YouTuberとして新聞、雑誌、ラジオ、テレビでも活動が約束されています。

日本初の本格的YouTuberコースが誕生!|声優養成所・オーディションのインターナショナルメディア学院(学院長 堀川りょう)

 と表記されていることから、芸人養成所などと仕組みは大差ないことが予測される。

広告塔としての成功者が、作為的に生み出される!?

 そう考えると第一期生の中で、必ず一人二人は、ゴリ押しで売り込んで貰える幸運な生徒が出現するだろう。
 なぜならば早期に、このコースからたった一人でも売れっ子を輩出しなくては、来年以降の集客難易度が高まってしまうからだ。

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーの養成所で説明するならば、大阪NSCの一期生はダウンタウン、東京NSCの一期生は品川庄司だ。
 彼らを猛プッシュする度に、夢を見た芸人志望者が40万円を持って殺到する。
 ビジネスモデルが同じことを考えると、無名だけれどポテンシャルのある人は、たとえ家族や友人に後ろ指を指されようとも、第一期生として入学するべきだろう。
 様子を見てからの入学では既に遅い可能性が高くなるからだ。

 ちなみに、東京校・名古屋校・大阪校については、現在(4/5)の段階では、学院説明会を開催中(参加費無料の体験入所合宿もあり!)だから、まだチャンスを掴める。

 

YouTubeは、次世代の公開オーディションでもあり、公開処刑場でもある

YouTubeであれば自分で作って配信して、あらゆる人に直接アピールする事が出来る。待っているだけではなく、自分から動く事が出来るわけです。
動画を観たある人から「この人おもしろいな、この感じの子キャスティングしてみようかな」と思って頂ける場合もあるでしょう。
次世代の公開オーディションというものにもなり得るんじゃないかなと思います。

日本初の本格的YouTuberコースが誕生!|声優養成所・オーディションのインターナショナルメディア学院(学院長 堀川りょう)

 インタビューを受けた堀川りょう学院長は、このように語っている。
 しかし、最高のメリットは最大のデメリットになる可能性もあり、諸刃の剣ということを忘れてはならない。
 YouTubeという場は、次世代の公開処刑場というものにもなり得るからだ。

全ての存在・物質が、おもちゃとしてシェアされる時代

 ここ数年でも数え切れない人々が、ネットでおもちゃとして利用された。

 ゲス不倫キノコ、生の喜びを失ったおじさん、その心笑っているねおばさん、野獣先輩、貧困女子高生、口だけ起業家、最悪の妄想を現実化させたア行の人、はじめしゃちょー

 上記のように、最近のネット界は、あだ名+悪のりによって、最悪の道を辿る伝言ゲームのように、おもちゃ認定された人がどんどん馬鹿にされる構造が出来上がっている。
 良い意味でも悪い意味でも、不祥事を起こした者たち、見た目に特徴のある者たち、などなど、様々な意味での変人がおもちゃにされる社会なのだ。

 そのため、ネットで顔出しをして活動するということは、全てを曝け出されてしまうリスクが付きものだということを忘れてはならない。
 身バレ、実家バレ、黒歴史の暴露
 一般的に生きていると、到底考えられないような悪意の塊に突撃されることもある。
 それに耐えうる精神力を養成出来るかどうか、第一前提として、そこが重要になってくる。
 光の裏には必ず影があるもので、悲劇の渦に巻き込まれて引退する羽目になる、不幸な生徒、卒業生も出て来るだろう。

 だがしかし芸能活動というのは、天国と地獄の境で戦ってなんぼのものだ。
 地上74メートル・魔天の地獄で綱渡りが出来る覚悟を持った方のみ、挑戦するべきだろう。

 放送作家の高須光聖さんが、学生時代に授業を受けていると、「ここにいる皆さんのほとんどが不幸せになります」という人生論を口にした教師がいると語っていた。

 世の中は残酷だ。
 幸福になれる人はどんな状況下でも幸福になれる、不幸になる人はどんな状況下でも不幸になる。

 仮にあなたが幸福になれば、誰かがあなたの幸福な有様を見て不幸せになるかもしれない
 仮にあなたが不幸になれば、誰かがあなたの不幸な有様を見て幸せになるかもしれない
 人類の共同生活とはそういう恐ろしいものである。
 それゆえ、世間体を抜きにして検討すると良い。

 己以外のすべてを度外視にして、己の意志のみで入学するかしないか決定せよ。

f:id:buzama-www_pipipipipi:20160809080200p:plain