ピピピピピの爽やかな日記帳

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピピピピピの爽やかな日記帳

親の経営コンサル会社で働く20代後半、社内ニートの話

ピピピピピの爽やかな日記帳

【ナンパ師の獲物】『靴の汚い女子』は頭が悪く判断力が鈍く貧しい 楽に口説き落とせる【足下で分かる人間心理】

『靴の汚い女子』は、男の練習台であり踏み台でもある

 僕は以前、ホストやキャッチなど、片っ端から女子を勧誘する仕事に携わっていた。
 そこで耳が痛くなるほど教わったのは、「『靴の汚い女子』を発見したら、絶対に逃すな!」というものだった。

靴が汚い女は貧乏な家の子だ。満足に教育されていない。判断能力も備わっていない。常軌を逸した間抜けだ。生まれたばかりの子犬と大差ない。しつけ(言葉選び)を間違えなければ、どんな業界にも叩き込める。俺らにとって靴の汚い女子は、換金可能な資産となる。靴の汚い女子を沈めろ。これは社会貢献だ。奴らも大金が手に入れば、綺麗な靴を買えるからな。まあ皮肉にも、奴らはそこまで気が回らない。奴らの足下はずっと汚れたままだ。俺の心と一緒でな。Haha!!」

 そう教えてくれた、月収300万円超えのホスト、半ば不労所得のキャッチ(お店に落とした女が、辞めない限りインセンティブが入り続ける)たちは、『靴の汚い女子』を踏み台にして一攫千金の夢を叶えたといっても過言ではない。

 彼らはいつも僕に、「『靴の汚い女子』は一言目で立ち止まる。女を手なずける練習台に最適だ。慣れてきたら踏み台にしろ。この業界で成り上がるには、『靴の汚い女子』を可能な限り捕まえるだけで良い」と指導してくれた。

『靴の汚い女子』の主な特徴

貧乏、育ちが悪い、頭が悪い、学力が低い、服装がダサい、判断能力の欠如、空気が読めない、部屋が汚い、整理整頓が苦手、風呂に入る時間が短い、歩くのが遅い、全ての動きがトロい、老けると化け物になる、貞操観念がゆるい、厄介な男に引っ掛かる、マルチ商法にハマる、悪徳占い師のカモ、共依存、恋愛依存症、札の向きがばらばら、自信がない、自分がない、断れない。

靴が汚い+歩くのが遅い=格好の獲物

 ただ一つ注意して頂きたいのが、ハイヒール+靴が汚い=だらしなく居丈高な商売女であることが多い。
 デブスの分際でクールな女ぶってくること必至だ。

 優しい色合いのスニーカーやミュール(ローヒール)などを、汚れたままにしながら、たらたらとのろまに歩いている女を狙うのが理想である。

非モテこそ『靴の汚い女子』を狩るべき

 彼女いない歴=年齢、経験なし、コミュ障、ニキビ面、ブサイク、ハゲ、デブ、チビなど、負の要素のオンパレードによって恋人がいないと嘆いている人たちは、是非とも『靴の汚い女子』にピントを合わせよう。

 口説き落とすのではなく、掘り当てるという心構えを持て。

 僕は以前、ナンパ師グループと行動を共にして、朝から晩まで街を練り歩くストリートハンターであった。
 バンゲに連れ出し、成果報告会と多忙を極める日々の中で痛感したのは、「テクニック不要! 完全無料! 楽してゲトれる!」という単純明快な真理であった。

 彼氏と別れた直後の女子、仕事で失敗した女子、引っ越してきたばかりの女子。

 グッドタイミング&ビッチ&靴の汚い女子を発見する作業。

 そういう捉え方で、声掛けをひっきりなしに行えば、誰でも恋愛的百万長者になれる。
 僕のように低学歴低収入低身長の底辺男子ですら、魔法のランプを擦ったかのように、ありとあらゆる望みを果たすことが可能なのだ。

 ぐちぐちと言い訳している暇があれば、黙々と『靴の汚い女子』を狙い撃て。

 人間、終われば、魂もろとも灰と散る。
 野蛮に暴れようと、穏やかに呼吸しようと、どん詰まりは光失せた闇である。
 いずれ必ず、全て消失の零となるのだ。
 狂い狩りしてなんぼではないか。

雑記・読んだ本

心にトゲ刺す200の花束 究極のペシミズム箴言集 (祥伝社黄金文庫)

心にトゲ刺す200の花束 究極のペシミズム箴言集 (祥伝社黄金文庫)

  • 作者: エリックマーカス翻訳島村浩子,丸山誠司,島村浩子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2010/03/11
  • メディア: 文庫
  • クリック: 16回
  • この商品を含むブログを見る
 

人生にはおぞましい人生と
悲惨な人生の二種類しかない

 

この世で無限なものは
宇宙と人間の愚かさのふたつだけだが、
わたしは前者については自信が持てない

 僕たち人間は、女子の汚い靴よりも遙かに穢れた存在であることを忘れてはならない。

 その上で、それを逆手に取って、気の触れたレベルで開き直ろう。
 快楽という病魔を引き寄せ、心をどす黒い情炎で満たすことによって、げぇげぇと流れるセンチメントな想いを払拭するのだ。

 悲惨な人生よりも、おぞましく愚かな人生へ。

f:id:buzama-www_pipipipipi:20160809080200p:plain